• トップ /
  • インプラント認定医とは

インプラントの注意

インプラント認定医とは

インプラントの注意点と歯科医師

インプラント認定医とは、1993年から日本口腔インプラント学会が定めた制度に基づき、学会がインプラント治療において適切で充分な学識と経験を持っていることを認めた歯科医師を指し、現在訳415名が認定医として認定されています。認定医として認められるためには、非常に高いハードルをいくつも超える必要があり簡単ではありません。そのため確かな経験と実績があると理解して良いでしょう。インプラントの手術を受ける場合の注意点として、担当の歯科医師に経験と実績があることが重要です。それは通常の虫歯の治療とは異なり、非常に高度なスキルが必要となるからです。しかし、この注意点を理解していても、どの歯科医院に行けば実績と経験が豊富な歯科医師がいるのかがわかりません。そのような時に助けとなるのが、この認定医であるかどうかです。ホームページや医院内に提示されていることが多いので確認することができるでしょう。またこの認定医よりもさらに上になるのが指導医です。さらに高いハードルをパスした歯科医師に与えられる資格で、現在約100名程度の指導医がいます。インプラントは高額治療となり失敗が許されませんので、注意点を理解し歯科医院を選ぶようすることが大切です。

↑PAGE TOP

Menu