• トップ /
  • 審美歯科のインプラント

門真でインプラント

インプラント認定医師がベスト

インプラントとタバコについて

インプラント治療を行った後、長持ちさせるためには、禁煙をすることがお勧めです。タバコに含まれているニコチンには、免疫を働かせる白血球の作用を低下させることで炎症を起こしやすくしたり、血管を収縮させることや、喫煙の際に発生する一酸化炭素によって、血液が酸素を運ぶ能力を阻害して、血流を悪くするなどのリスクがあります。そのため、骨や歯周組織への酸素や栄養が行きわたらなくなることで、インプラント体と骨の結合を阻害してしまうことに繋がります。できれば禁煙をすることがお勧めです。

↑PAGE TOP

Menu